パート・アルバイトの方がプロミスの審査に通過するためのポイント

スタッフパート・アルバイトの方でも次のポイントを抑えていれば、審査通過る率が高くなります。

たとえ少額でも毎月収入がある
勤続年数は最低半年以上


プロミス
今すぐプロミスの審査に申し込んでみる

 
 

パート・アルバイトもプロミスで借入れOK!

正社員に比べると、パートやアルバイトで働く方は年収も低く、1つの職場に対する安定性も低く見られがちです。そのため、パートやアルバイトは審査に不利なのでは?と思われるかもしれません。確かに公務員で働いている方や正社員の方は、年収も高く、安定性もあるため審査には有利となります。

しかしプロミスでキャッシングを利用するには、次のような条件こそありますが、結果からお伝えすれば、毎月安定した収入さえあれば、プロミスでパート、アルバイトでもお金を借りることは可能です。

・20歳以上、69歳以下
・本人に安定した収入があること

パート・アルバイトでも借りられる金額ってどれくらい?

ではパートやアルバイトが実際に審査に通る金額とはどれくらいなのでしょうか。

プロミスのような消費者金融では、総量規制の関係で年収の3分の1までしか借入できません。そして、はじめてプロミスで借りる方にとって、プロミスとの間に「信用」は構築されていません。つまり、プロミスから見れば、この人に本当にお金を貸しても返してくれるかどうか、まずは「返済能力」を見極めます。

そのためにも、例えパートやアルバイトで年収100万円以上稼いでいるからと言って、いきなりその3分の1である30万円強のお金を貸すことはしないのです。

実際にパートやアルバイトが借りられる金額というのは、ほとんどのところで10万円以下だと思っていたほうが良いでしょう!最初は5万円からという消費者金融もあるでしょう。しかし、先ほどもお伝えしたとおり、期日までの返済をきちんと繰り返すことで、増額融資もすぐに可能となります。

パート・アルバイトでもスムーズに借りられるための条件とは?

パートやアルバイトの方がスムーズに審査に通るためには、次の点に注意する必要があります。

1.勤続年数
2.専業主婦は融資不可
勤続年数

基本的には、勤続年数が長ければ長いほど審査には有利になります。しかし反対に、勤続年数が1ヶ月~1年未満では審査を通過することはかなり難しいと言われています。

そのためにも最低半年以上の勤務、できれば1年以上勤務を続けてから申込むのが理想です。実際に3ヶ月未満でのアルバイトでは、もしも仕事が続かなければ返済もできなくなります。そのためにも半年は続け、その次は1年と続けることがスムーズに借入できる最低条件となります。

専業主婦は融資不可

プロミスでは借入条件として、「毎月安定した収入のない人」、つまり収入が全くない専業主婦にはお金を貸してはくれません。それは「自分自身の収入がある人」が絶対条件だからです。

この専業主婦での借入NGなのは、プロミスの他、アコムやモビットなどの大手消費者金融も同じ条件となっています。そのために、お金を借りたいのであれば少しの収入でもいいので毎月収入を得ることが重要です。

パート・アルバイトの審査をより有利に進めるための4つのコツとは?

パートやアルバイトは確かに正社員や公務員の方と比べると、審査に対する属性は高くありません。しかし、プロミスに申し込む上で審査通過る率が高くなるコツはあります。主なポイントは4つです。

コツ1. 安定した収入を続けること

パート・アルバイトで年収が低いからと言って、それだけで審査に落とすということはありません。なぜなら、年収が低いことはそれほど問題ないからです。

重要なのは、たとえ月に3万円でも5万円でも、「毎月安定した収入があること」、これがプロミスをはじめとするキャッシング会社が最重視している審査ポイントです。

そのため、毎月必ず固定した収入が入ってくるように続けることが、審査をより有利に進めるためのポイントとなります。

コツ2. 申込フォームは正直に不備なく入力すること

審査に通過したいあまりに、申込みに今の自分と違う状況を書いて申請する方もいますが、この虚偽の報告はバレたら審査に通らなくなるばかりか、今後のキャッシング審査の上でも不利になってきます。

なぜなら、キャッシング会社は申込者が申請した内容を照合するために、あなた自身の信用情報を確認するからです。

信用情報とは、クレジットやローンなどの申込みや契約に関する情報(返済・支払状況・利用残高などの情報)のことを言い、情報を照合する機関を個人情報機関と言います。

 

確認した後に、事実と違う内容だと分かれば今後の審査にも影響が及ぶことになるため、申込フォームに入力する情報は正直に不備なく入力するように心がけることがポイントとなります。

コツ3. 勤続は少なくとも半年以上あること

年収と同じ、勤続年数も短いからという理由だけで審査に通らない、ということはありません。しかし、全く審査対象として見ていないわけでもありません。

そのため、勤続年数は半年以上は必要であり、1年以上あるとより審査が有利になります。勤務年数が極端に短いと、返済能力を見られた時、不利になってしまいます。

そのためにも、勤続年数はできれば半年以上が望ましいです。

コツ4. 健康保険証を持ってること

プロミスでは申込みフォームの中に、健康保険証の種類を記入する項目があります。その種類とは、次の中から選択するようになっています。

・社会保険証
・国民健康保険証
・組合、共済保険証
・船員保険証
・健康保険に未加入

この保険証の中で、審査に有利なのは国民健康保険証よりも社会保険証です。社会保険証には会社名が記入されているため、勤務先の確認として有利となります。

パート・アルバイトの場合は、この2つのどちらかの保険証がほとんどだと思いますが、アルバイトを始めたばかりや使用期間中の間はまだ社会保険に加入させてもらえないケースもあります。そのため、社会保険証を持っていることで審査に有利なのは間違いありません。

パート・アルバイトも在籍確認はある?

パートやアルバイトの方の申込みであっても、審査は通常のカードローン審査と何ら変わりはなく、在籍確認も行われます。そのため、勤務先への電話連絡も、申込時に記入した勤務先に電話がかかってきます。

在籍確認の電話の時に同じパート・アルバイトの方や上司などに、自分がキャッシングすることを周りにバレるのはないか・・・と不安になることもありますが、プロミスでは決して会社名を名乗ることはなく、あくまでも個人名でかかってきます。

在籍確認の電話内容も、本人がその会社に本当に勤務してるかどうか確認できれば、アッと言う間に在籍確認も終わります。

パート・アルバイトの方がプロミスで借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性パート・アルバイトの方が審査に通過するには、4つのコツを抑えておくことです。

毎月安定した収入を続ける
申込フォームに虚偽の内容を書かない
できれば半年以上勤務を続ける
健康保険証があればなおよい

パート・アルバイトの方がプロミスでお金を借りる