プロミスで学生がお金を借りるための条件とは?

スタッフプロミスは一定の条件を満たせば学生でもお金を借りることは可能です。

※学生借入の注意点
18歳・19歳の学生は借入NG!
アルバイトで毎月安定した収入を確保すること!
インターネットから申込みすることで親バレを防ぐことが可能!


プロミス
学生さんがプロミスで今すぐ申込む

 
 

学生がお金を借りる方法

プロミスは学生もキャッシングすることは可能です。更にプロミスでは、審査や在籍確認の時でも勤務先や親バレの心配もなく、お金を借りることができます。

このページではなぜ親バレしてしまうのか、その原因と、親バレしないための方法について解説しています。内緒でお金を借りたいと思っている学生さんは、申込む前にさらっと読んでいただき参考にしてもらればと思います。

学生はお金に余裕のない人が大半

学生は一見すると、優雅な生活をしている人もいますが、そんな学生はほんの極一握りで、ほとんどはお金に余裕のない学生が大半です。特に一人暮らしをしている学生や、サークルに入っていれば、サークルにかかる費用もバカになりません。

1,2年生はサークルの運営費、合宿などもあります。3年生ともなればサークルは秋には引退の時期に入るため、サークル費はかからなくなりますが、それと同時に今度は就活が始まります。

就活ではスーツやカバンの準備、会社説明会や面接時には交通費の負担もかなり大きくなります。特に地方から東京などへ行かなければならなくなった場合は、その交通費や宿泊費も膨大です。

就活には以外と大きなお金が必要

就活にかかる費用って、どれくらいかご存じでしょうか?

マイナビニュースのホームページに、「就職活動に関する実態調査」というアンケート結果が載っていますが、「就活にかかった費用」の結果は、全国平均で161,215円とのことでした。

地域によって差こそありますが、一番多い所で「四国」が425,000円で最多でした。

このように就活は意外と費用がかかるのです。この就活費を貯めるには、就活が始まる前までにいかにバイトをして稼いで貯めておくかになりますが、就活中は、スケジュール調整もしにくいため、バイトのシフトも入れにくくなります。この時期のバイト代は極端に少なくなります。

就活中のこの時期、以外とかかるものですが、学生であれば誰もが経験します。しかしながら就活費はどうしても必要なものです。

家族にも援助してもらうことはできない、ましてやバイト代でも足らない・・・そんなとき、カードローンで一時的にお金を借りて就活費のやりくりをする学生が以外と沢山いるのです。

就活中のこの時期だけお金を借りるならどこがおすすめ?

就活中のその時期だけ手っ取り早く現金をに入れるには、やはり銀行よりもプロミスやアコム、モビットなどの消費者金融からお金を借りるのが一番最速な方法です。

その中でもプロミスは、学生でも毎月安定した収入さえあればお金を借りることは可能です。プロミスはインターネット上で申込みを行うことによって、郵送物なしで手続きができます。

学生がプロミスで親バレすることなく借りるには?

もしも親にバレずにお金を借りたいのであれば、プロミスのweb完結を利用することによって、手持ちのスマートフォンからも振込キャッシングが利用でき、利用明細書などの郵送物も自宅に届くことはなくなります。

しかも三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間最短10秒で振り込まれます。

この2つの口座を持っていればATMを利用する必要はなくなるため、親バレするリスクはほとんどありません。振込キャッシングへの申込みは、プロミスコールへ問い合わせをするか、プロミスインターネット会員サービスにログインした後、簡単な手続きだけで振込キャッシングが利用できるようになります。

18歳の学生でも借入れはできる?

20歳未満の学生は残念ですが、プロミスではお金を借りることはできません。よって、18歳や19歳はキャッシングを利用することはできません

キャッシングを行えるのは満20歳以上です。クレジットカード自体は18歳でも作ることができますが、キャッシング機能は20歳にならないと使えなくなっています。

これには大きな理由があり、民法により、19歳以下の未成年が勝手に行った契約は、保護者が取り消すことができる為です。つまり、18歳の人が勝手にキャッシングの契約を行った場合、それを保護者が取り消すことができてしまうので、キャッシング業者側はその懸念から、20歳にならないと契約が行えないようにしているのです。

キャッシング業者側はお金を融資して、相応の金利を徴収するのが商売です。せっかく契約を行っても、後から取り消されてしまっては商売になりません。

直接現金を借り入れるキャッシングではなく、商品を購入し、その代金を分割で支払うローン契約の場合、保護者の方の同意があれば未成年であっても問題なく行えるケースもありますが、ことキャッシングに限っては、保護者の同意がある場合でも未成年が契約できることはありません。

また、銀行のカードローンは20歳以上であっても、学生は原則的に契約することはできないので注意してください。消費者金融ではそのようなことはなく、アルバイトなどで本人にそれなりの収入があれば、学生であっても問題なく契約することができます。

プロミスで学生がお金を借りる方法のまとめ

キャッシングできた女性プロミスでは学生の借入もOKです。しかし、20歳に満たない18、19歳での借入はNGであり、学生でもアルバイトをして毎月一定の収入を得ていることが条件となります。

また親に内緒で借入したいなら、プロミスのweb完結を利用することで、利用明細書などの郵送物も自宅には届きません。

プロミスの学生専用窓口はこちら